AGAとスヴェンソン増毛法の相性

スヴェンソン増毛

AGAの特徴は、脱毛・薄毛が起きる原因に自身が体内で有する因子・ホルモンが関わっている事にあります。

 

また毛の抜け方・広がり方に個人差は大きいものの、徐々に進行して行くので毛の濃い部分がある程度の段階まで残る事も特徴となります。

 

こうした特徴を有する為、ホルモンバランスを保つ必要性から自発的な発毛力を高めて毛髪を取り戻そうとすると、無理なアプローチが出来ないという側面があります。

 

 

育毛剤や内服薬では、既に毛が抜けている箇所には効果が見られない事も少なくありません。

 

ところがスヴェンソン増毛法ではまだ毛が残っているところからアプローチを掛けて、24時間着脱不要な人工毛を植え付けるという方法を採用しています。

 

人工毛はその定着に頭皮の発毛力の残存度合が関係しないので、AGAを起因とする薄毛であってもしっかりと定着する事となります。

 

加えて先述したように毛の濃い部分も残り易いAGAでは、スヴェンソン増毛法によるアプローチ自体が掛け易いと言えます。

 

例えば真ん中だけが薄毛の場合は両端からアプローチしてブリッジのように人工毛を植え込む等、状況に応じた増毛法を構築し易いというメリットがあります。

 

更にスヴェンソン増毛法は初期費用はそれなりに掛かるものの、施術後はメンテナンス中心の管理となるので、ランニングコストは安い傾向にあります。

 

育毛剤等でアプローチすると費用が掛かり続ける上に、先述のように効果が出なかった場合には費用の無駄も生じてしまいます。その点、スヴェンソンであれば高い定着率による安定性を見込めます。

 

以上の点から、AGAとスヴェンソン増毛法の相性は良いものと考えられます。

 

但し症状が進行し過ぎて完全に毛が失われる状態にまで至ってしまった際には、取っ掛かりとなる部分が無い為に施術が困難になってしまうケースも考えられます。

 

そこでスヴェンソン増毛法でAGA治療を図る場合には、出来る限り早い段階での決断が肝要になります。